趣味はカメラ?

2018年5月3日

まず、自分には趣味がなかったというところから始まるのですが
当時WEBデザインというもの仕事としていた僕は
写真というものを加工する技術を磨いていました。

 

「WEBデザイン」と「写真」というのは切り離せない関係性で
正直いうと、写真さえよかったらごちゃごちゃしたもの作らなくても
ホームページの見栄えはめっちゃよくなる!
って感じです。

 

そう考えたら
写真ってやっぱめっちゃ大事やな〜って思ってちょっと考えて

 

もし自分に仕事が来た時に

 

写真も撮れますよ!

 

って言えたとしたら仕事の幅も広がるし、武器になるんじゃないの?

 

なんならカメラマンって響き良くね?

 

ってめっちゃ単純に考えたわけです。

 

そこから何の趣味もなかった自分にとって『都合がいい』からやろう!

 

と、なったわけです。笑

 

そんな邪な感じでカメラというものに手を出しましたヽ(´エ`)ノ

 

仕事に繋がるならある程度いいカメラの方がいいなーって事で
ヨドバシの定員さんにめっちゃオススメされてCanonの60Dというカメラを買いました。
(基本的に推しに弱い)

 

2個レンズ付いて当時10万円くらい?でした。

 

今思えばもともとデジカメとかで写真撮ってたわけではないし
写真に興味があるかって言われたらそうでもない。

 

そんな状態でよく買ったなと思います。笑

 

でも何かを変えたい!
っていう衝動だけはあったので
そのまま突っ走っていったのだと思います。笑

 

でもそれがきっかけで、たくさんの友達が出来たから
カメラやって良かったな!
と思ってます(^^)

 

カメラは相棒!
って思ってる方には失礼かもしれませんが
カメラは人と人とを繋ぐツールだと思ってるので
僕は誰かにとって、ラフカメは友達をたくさんつくれる場になったらいいなと思っています(^^)